一転、撤回も具体的説明なし 国葬反対「8割は大陸」投稿の三重県議

有料記事

山本知弘、斉藤佑介
【動画】自身のSNS投稿を撤回し、おわびする小林貴虎・三重県議=斉藤佑介撮影
[PR]

 国葬反対をめぐるSNS発信について、「8割が隣の大陸からだったという分析が出ているという」などとツイッターに投稿した三重県の小林貴虎県議=自民党=が6日、投稿内容は誤りだったとして津市内で会見し、謝罪した。一連の投稿は削除したという。ただ、何が誤りだったかは明言しなかった。

 小林氏は2日に「8割が隣の大陸から」との投稿をし、4日には報道陣に「誰が話したかですよね。高市早苗さんです」と説明。名古屋市内で2日にあった高市・経済安保担当相の講演で聞いた内容から引用したと主張し、改めて「高市早苗先生が、政府の調査結果としてお伝えいただいた内容です」とツイッターに投稿していた。

 これに対し、6日の会見では「内容に誤りがあった。撤回したい」とし、5日夜に一連の投稿を削除したと明かした。講演では自らメモを取っていたものの、同席した複数の参加者からの指摘で誤りに気づいたといい、高市氏の事務所にもおわびの連絡を入れたという。

 一方、具体的に何が誤りだっ…

この記事は有料記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。