王子、王女… 孫の称号外したデンマーク女王 「自分の人生送って」

有料記事

牛尾梓
[PR]

 来年から「王子」「王女」の称号を外します――。デンマーク・マルグレーテ女王の孫への異例の決断に、王室が揺れている。

 女王は9月28日、次男のヨアキム王子の4人の子どもの称号を外し、今後呼びかけには「閣下」を使うとする声明を発表した。

 称号は無くなるが、王位継承順位に変更はない。

 女王は、王室を「スリム化」する一方、「称号を持つことは、多くの責任や義務を伴う。若い王族が制限されることなく、自分の人生が送れるような枠組みをつくりたい」と声明で述べていた。

 しかしヨアキム王子の元妻で…

この記事は有料記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。