撮影のため車5台で通行妨害容疑 SNSで拡散、男女6人書類送検

堅島敢太郎
[PR]

 高松空港ターミナルビル前の3車線の市道を写真撮影のために車5台でふさいだとして、香川県警は6日、県内在住の20~34歳の男女6人を道路交通法違反(道路における禁止行為)容疑で書類送検し、発表した。6人は車の愛好家の集まりで、1人が自身のツイッターに投稿した写真がネット上で拡散され、通報が相次いでいたという。

 県警によると、書類送検されたのは、丸亀市今津町の会社員の男(22)ら男女6人。6人は7月24日午前1時40分ごろ、高松市香南町の高松空港ターミナルビル前の市道に、普通乗用車4台と、軽乗用車1台を数分間停車させ、交通を妨害した疑いがある。

 同日、高松空港から「空港の前で車両を並べた写真がネット上にアップされている」と高松南署に通報があった。

 ツイッターに投稿された写真は、3車線の路上で、5台の車をV字を描くように斜めに停車させた様子を撮影したものだった。

 6人は容疑を認め、「車を並べて写真を撮りたかった」などと供述しているという。写真は会社員の男が横断歩道上の雨よけによじ登り、上から撮影したという。ツイッターの写真は現在は削除されている。(堅島敢太郎)