細田議長、教団との関係を7日に非公開で「説明」 会見は予定なし

榧場勇太
[PR]

 細田博之衆院議長は7日、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」との接点について再び「説明」をする。議長公邸に、衆院議院運営委員会山口俊一委員長(自民)と筆頭理事(自民・盛山正仁氏、立憲民主・笠浩史氏)の計3人が行き、非公開で細田氏の説明を聞いた後、山口氏が報道機関に説明する。

 6日、山口氏が明らかにした。細田氏が記者会見する予定はなく、細田氏の接点を山口氏が「説明」することになる。議運委は「議長は全会一致で選ばれた存在。野党も合意のうえで議運委から議長に説明をお願いした以上、議運委で聞き取る」と説明した。細田氏自身が会見をしない理由については、「教団と関係があった自民議員も文書で党に回答しているためだ」としている。

 この対応に自民内からでさえ厳しい意見が出ている。ベテラン議員は「理解不能だ。議長として疑いをかけられたなら、会見を開いて全力で疑いを晴らさないと国民の信頼は得られない」と指摘した。

 細田氏は9月29日、2018年と19年に教団関連団体の会合に計4回出席したことなどを認める文書を1枚公表した。ただ詳細がわからない中身で、会見も開かず与野党から「説明不足」との批判が続出した。

 それを受けて議運委が細田氏に対し、教団との接点について、自民が党所属国会議員に報告を求めた際の「会合への祝電送付」「選挙の支援」といった8項目に沿った形での説明を要請。細田氏も了承し、改めて対応する意向を議運委に伝えていた。

 細田氏は、とりわけ教団との関係の深さが指摘されている自民党最大派閥の安倍派元会長。自身も教団関連団体の会合に出席してあいさつする動画の存在などが明るみに出ていたが、説明してこなかった。自民が党所属国会議員に報告を求めた、教団との接点点検では、議長で会派離脱をしていることを理由に、亡くなった安倍晋三元首相とともに対象外となっていた。(榧場勇太)

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]