「高市氏の秘書に謝罪」 国葬ツイート撤回の三重県議との一問一答

有料記事国葬自民

[PR]

 安倍晋三元首相の国葬に反対するSNS発信について「8割が隣の大陸からだったという分析が出ているという」――。こんなツイートをしていた三重県の小林貴虎県議=自民=は6日の記者会見で、投稿内容について謝罪し、撤回した。だが誤りがあったとする内容については詳細な説明を拒んだ。小林県議はこれまで、10月2日に名古屋市内の会合に出席し、その際に催された講演での高市早苗・経済安全保障担当相の発言を踏まえたなどと説明していた。

 矢継ぎ早の記者の質問に小林氏はどう答えたのか。主なやりとりを詳報する。

冒頭発言

 先般の私のツイッターに掲載しました、安倍元総理の国葬に反対する発信は「8割が隣の大陸だった」という投稿に関するぶら下がり会見において、私が行った発言を訂正させていただき、おわび申し上げたいと思います。名古屋市内で行われた講演の際、話された内容、政府の調査結果に基づいていると発言しましたが、誤りでありました。

一問一答

 ――誤りとは高市氏の発言ということではなく、調査の主体、政府が間違っていたということでいいか。

 詳細はそもそもクローズド(非公開)な会だということで具体的なお話はできないのだが、同じ講演を聞いていた複数の方々の記録と突き合わしたところ、異なっている部分があるということが分かったので、訂正する。

 ――政府の調査という言葉はなかったということか。

 その内容については発言を控えたい。

 ――政府の調査が誤りだったという認識には間違いないか。

 どこがということに関しては講演の内容になるので控えたい。

 ――政府がどうだったかということも、言えないということか。

 繰り返しになるが、何点か記録と異なっていることが分かったので、訂正をしたい。

 ――メモにそもそも誤りがあったということか。

 そういうことだ。

 ――高市氏が何を「調査」と言ったのか、言えないという話か。

 差し控えたいと思う。

 ――訂正をしたいということだが、何をどう誤ってどう訂正したいのか。

 繰り返しになるが、講演の内容に関わることなので、ここでの発言は差し控えたい。

 ――訂正であって、撤回や削除ではないということか。

 訂正するということで記者会見を開いた。

 ――どこを訂正したのか、なぜ説明できない。

 そもそもクローズドな会だったからだ。

 ――訂正の内容が分からないと何のための説明か分からない。責任を持って答えているようにはとらえられない。

 申し訳ない。深く反省しているが、具体的な講演の内容に関しては差し控えたい。

 ――会見を開いたのだから、明かすべきだ。

 申し訳ない。すべてに対して撤回をしたい。

 ――撤回するのか。

 はい。

 ――訂正ではなく。

 撤回する。

 ――その理由はクローズドな会だったから言えないと。

 はい。

 ――小林県議自身が本当にそう考えているか、わからない。本当にそう思っているならば当然明かすべきだ。

 はい。

 ――撤回するのは2日に投稿した「国葬反対のSNSは8割が隣の大陸から」という投稿と、4日の「発言のソースは高市早苗さんです」という、この2点についてということか。

 双方ともに撤回する。

 ――ツイッターは削除したのか。

 はい。

 ――メモしたものをツイートしたが、そのメモが間違っていたということか。

 その通りだ。

 ――どこが誤りだったか、クローズドだからという一点張りで説明されていない。十分伝わらないと思うが。

 会の性質がそもそもクローズドだったとしか言いようがない。

 ――投稿自体は不適切ではなかったという考えか。

 撤回しているので、不適切だったと思っている。

 ――内容が違ったというのは、誰から言われたのか。

 同じく同席した私の知人に確認した。

 ――そもそもクローズドな会合で出た内容をツイッターで発信するというのはどういう意図があったのか。

 具体的な意図を話してしまうと(会の)内容になるので差し控える。

記者「誰かからの圧力で撤回することになったのか」

 ――2日前、(報道陣には)…

この記事は有料記事です。残り978文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。