国葬の日に「反日勢力よ」とツイートの平戸市長 「反省した」と釈明

土居貴輝
[PR]

 長崎県平戸市の黒田成彦市長は6日、9月の安倍晋三元首相の国葬に出席した際、自身のツイッターに「反日勢力よ。この静かな反撃を直視せよ!」などと投稿した意図について「国葬そのものの評価が分かれる中、(多くの)献花者を見て、感極まってあのツイートになった。反日勢力という言葉は慎むべきで反省している」と述べた。市役所で報道陣の取材に応じた。

 9月27日に実施された安倍元首相の国葬に、黒田氏は県市長会の代表として出席。その日、自身のツイッターアカウントで、妻から届いたという「一般献花する人の列が凄(すご)いね~ 今までテレビは国葬反対の人ばかりを写していたから、賛成の人の静かな反撃を感じるよ」とのメールを引用し、「まさにその通り。妻と共感できて、少し涙ぐむ。テレビよ、反日勢力よ。この静かな反撃を直視せよ!」と投稿した。6日時点で削除していない。

 取材に黒田氏は、国葬実施の是非が議論となり、安倍元首相への評価が分かれる中で開催される国葬について「不安というか、穏やかではないなと予想していた」という。そんな中、当日を迎え、国葬会場の日本武道館への道中で、一般献花に並ぶ長い行列を目にして「感極まった」と話した。

 黒田氏は、国葬前にツイッター上で、反対派から「黙禱(もくとう)の時間に音を鳴らそう」といった投稿があったうえ、駐日の外国大使館に国葬への出席を見送るよう働きかける呼びかけもあったと指摘。「国葬反対、安倍(元)総理に共感しない人の中に、分断された日本を世界に表明させて(日本の)地位をおとしめようとした人がいた。(反日勢力という言葉は)その人たちを表現したつもりだったが、国葬反対者は反日勢力と(私が決めつけたと)誤解を受けた」と釈明した。「(国葬反対の)全体を指しているわけではない」と強調した。

 黒田氏によると、投稿への反響が市役所にもあり「反日勢力という言葉が強烈だったことへのおしかりも受けた」と紹介。「(ツイッターの)文字数の制限と私の感情の膨らみ方に差異が出て、ああいう形になった。反日勢力という言葉は慎むべきで、反省している」と重ねて釈明した。(土居貴輝)

  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年10月6日19時46分 投稿
    【視点】

    いいねやリツイートの数などを、誰もがいまだに閲覧できる仕様のTwitterにおいて、自分の言葉に対する数字が積み上がっていくことは誰にとっても快感です。 だからこそ、怒り、憎悪、恐怖を喚起するツイートがTwitterのアルゴリズムにお