「日銀総裁人事、頭が痛い」岸田首相どうする? 黒田氏任期残り半年

有料記事

千葉卓朗、西村圭史、徳島慎也 楢崎貴司、阿部彰芳、久保田侑暉 木村聡史
[PR]

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁の任期が、8日で残り半年となる。在任期間は歴代最長の10年近くとなり、交代が確実視されるなか、後任人事に注目が集まる。黒田氏は、市場に大量のお金を供給する「異次元緩和」を続け、アベノミクスの中核を担ってきた。急激な円安や物価高など緩和の副作用が重くのしかかるなかで、日銀総裁選びは日本経済のゆくえにも影響し、岸田政権にとって失敗の許されない判断となる。

    ◇

 5月上旬、岸田文雄首相は、東京都内の洋食店で、自ら率いる派閥「岸田派」の議員らと、くつろいだ雰囲気で談笑していた。

 「総裁人事は大変。頭が痛い…

この記事は有料記事です。残り3473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。