なぜここまでがんばれるのか 常識を覆し続ける大谷翔平が訴えるもの

有料記事

江戸川夏樹、長野佑介 西晃奈
[PR]

 投打の「二刀流」で、ベースボールの常識を覆し続ける大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手。その影響はスポーツ界にとどまらない。ビジネスや教育界からも「学ぶべきものがある」との声が上がる。

 経営コンサル会社「フロンティア・マネジメント」の大西正一郎代表取締役は昨年末、大谷選手の影響を受け、自身のホームページに「『二刀流』経営の本質に迫る」というエッセーを掲載した。

 大谷選手の自分なら必ずでき…

この記事は有料記事です。残り895文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。