必死にパトカー呼び下級生を助けた小6 「警察官になる?」問われ…

高田純一
[PR]

 「痛い!」

 自転車で友だちの家に向かっていた和歌山市立貴志南小学校6年生の入江蒼生(あおい)さん(11)はその声のもとに駆け寄った。

 9月7日午後1時半ごろの和歌山市土入の県道沿いの歩道。駆け寄ると下校中の同じ小学校の女子児童が両ひざをついて泣いていて、頭から血が出ていた。以前に給食の配膳を教えたことがある1年生だとすぐにわかった。入江さんは、道路を挟んだ向かいにある交番に戻ってきたパトカーを見つけ、「こっちに来てください!」と大声を張り上げた。

 駆けつけた警察官の119番通報で救急車は約10分後に到着した。幸いにも女子児童は軽いけがですんだ。入江さんは、救急車が到着するまで「どういうふうにこけたの? もう大丈夫だから」と泣きやまない女子児童に寄り添ったという。

 県警は4日、入江さんに感謝状を贈った。和歌山北署の阪口豊署長は「血を流している人に声をかけるのは勇気がいる。また人を助けてください」とたたえた。入江さんは「助けなきゃと思って必死に警察官に手を振った」と話した。

 この話には後日談もあった。入江さんは救助した翌日、小学校のトイレで掃除をしていた女子児童を見て一安心した。そのとき、声はかけなかったという。理由を聞くと、「もし声をかけてけがをしたことが、みんなにばれたらかわいそうだと思って。遠くから顔だけ見てだまっていた」と話した。

 阪口署長は警察官になってくれたらいいな、と話しかけた。だが入江さんは優しく断った。「テレビで見てかっこいい警察官になりたいと思ったけど、今はサッカー選手」(高田純一)