高市経済安保相が「発言」を否定 三重県議の「8割が大陸から」投稿

[PR]

 三重県の小林貴虎県議=自民党=が、「国葬反対のSNS発信の8割が隣の大陸からだったという分析が出ているという」などとツイッターに投稿した問題で、高市早苗・経済安保担当相は7日午前の閣議後会見で、小林氏が投稿内容は高市氏の講演から引用したと主張したことについて、「そのような発言をすることはない」と否定した。

 高市氏はこのような発言をしたかどうかを明らかにしてこなかった。高市氏は「クローズ(な会合)だったから、私としては発言を控えてきた」と釈明した。「大陸という言葉、私は使いません」とも述べた。

 小林氏は2日、「8割が隣の大陸から」との投稿をし、名古屋市であった高市氏の講演から引用したと主張。4日には報道陣に「誰が話したかですよね。高市早苗さんです」と説明したが、5日に一連の投稿を削除し、6日の記者会見で「発言を訂正し、おわび申し上げたい」と撤回した。

【動画】自身のSNS投稿を撤回し、おわびする小林貴虎・三重県議=斉藤佑介撮影

  • commentatorHeader
    牧原出
    (東京大学先端科学技術研究センター教授)
    2022年10月7日16時57分 投稿
    【視点】

    このやりとりはもう少し正確に再現できないものかと思います。少なくともこの記事を読む限り、高市氏は「大陸」部分を否定したのであって、「国葬反対のSNS発信の8割が○○からだった」という部分については否定していないようにも読めます。同趣旨の発言