ひとり自宅で死産した被告…「なぜ彼女が有罪に?」声上げた母親たち

有料記事

根岸拓朗
[PR]

 〈出産を経験している者として黙っているわけにはいかない。私は絶対に納得できません〉

 自宅リビングのパソコンに向かうこと10分。神奈川県に住む渡辺小百里さん(36)は今年2月、A4で2ページの意見書を一気に書き上げた。

 宛先は最高裁だった。

 ツイッターで、その事件のことを知った。

 「またこういう事件が起きたんだ」。悲しい気持ちがこみあげた。

 2020年11月15日。ベ…

この記事は有料記事です。残り3087文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント