ロシアの脅しに「核使えばアルマゲドン」 バイデン氏が危機感あらわ

有料記事ウクライナ情勢

ワシントン=下司佳代子
[PR]

 バイデン米大統領は6日夜、ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領が核の脅しを強めていることについて、「キューバ危機以来の核兵器の脅威」「戦術核兵器を安易に使ってアルマゲドン(世界最終戦争)にならずに済むとは思えない」などと述べ、危機感をあらわにした。

 キューバ危機は、1962年、ソ連のキューバでのミサイル基地建設をめぐって米ソ核戦争の瀬戸際が意識された歴史的事件。バイデン氏は、ニューヨークで開かれた非公開の民主党関連イベントに出席した際に言及した。代表取材によると、「もし物事がこのまま進めば、キューバ危機以来の核兵器の脅威となる」「プーチン大統領にとっての出口は何かと考えている。彼はどこに出口を見いだすのか」などと語った。

 「キューバ危機以来、アルマゲドンの可能性に直面したことはない」とも指摘。プーチン氏について「彼が戦術核兵器や生物・化学兵器を使う可能性を語る時、冗談ではない。それほど彼の軍隊は不振をきわめているのだ」と語った。

 バイデン氏は「前政権が我々…

この記事は有料記事です。残り274文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。