防戦の首相、「ゼロ」回答連発 身内からは「語る力」求める声も

有料記事

安倍龍太郎
[PR]

 岸田文雄首相の所信表明演説に対する衆参両院の代表質問が7日、終わった。首相は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治の関係などを追及されたが、従来の説明を繰り返す「ゼロ回答」を連発。内閣支持率の低迷で世論の理解を得たい首相にとっても、政府の姿勢をただしたい野党にとっても、予算委員会に向けて課題が残った形だ。

 「理解を得られていないというのであれば、自らの責任において丁寧に説明を尽くす必要がある」。首相は教団との接点を指摘される山際大志郎経済再生相について問われるたび、説明は本人任せという姿勢を繰り返した。立憲民主党泉健太代表に山際氏の更迭を求められたが、これは拒否した。

 首相は代表質問で、自民党議員が教団と関係を持たない方針を徹底し、それを担保するための「チェック体制を構築する」と語った。しかし、具体的な手法やどう実効性を持たせるのかには触れずじまいだった。立憲の西村智奈美代表代行が「第三者による強制力を持った調査」を求めたが、首相は「当該団体と関係を持たないことを徹底することが大切」と述べ、議論はかみ合わなかった。

安倍元首相と教団、関係解明を求められた首相は…

 安倍晋三元首相と教団との関…

この記事は有料記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。