身内登用の批判はあるけれど 秘書官になった首相の息子はどんな人?

有料記事岸田政権

高橋杏璃
[PR]

 岸田文雄首相が長男の翔太郎氏(31)を首相秘書官に起用した人事をめぐり、野党は「公私混同」と批判する。与党からも「身内びいきと言われる」との声も漏れる。そもそも、どんな人物なのか。

 「国政の中枢を動かす権限を有する総理の政務秘書官になぜ31歳のご子息を起用されたのか」。7日の参院本会議で立憲民主党の石垣のりこ氏から首相はこう問われた。

 「政権発足から1年という節目をとらえ、適材適所の観点から総合的に判断した」。首相は従来の答弁を繰り返した。

 政府によると、翔太郎氏は慶…

この記事は有料記事です。残り1125文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。