97歳せっちゃんが半世紀守ったもの 閉店の日、決断した長男の涙

有料記事

田中紳顕
【LastDay】97歳「せっちゃん」の居酒屋 最後の一日に密着〈本編は記事後半にあります〉=西田堅一、井手さゆり、小林孝也撮影
[PR]

 山形市内の飲み屋街の一角に居酒屋「安愚楽(あぐら)」はあった。店主は97歳の永井節さん。「せっちゃん」の愛称で半世紀以上、一人でカウンターに立ち続けてきた。だが、今年5月に亡くなり、店も閉店することに。最後の営業日は6月30日。その1日に密着した。

愛された店、思い出の場所、ひたむきに続けてきた勤め…。いつか来る「最後の日」に密着するシリーズ映像企画「Last Day」、第1話は、とある居酒屋の最後の1日です。

 開店前の午前10時。

 2階建ての雑居ビルの1階にある店内に、長男の加藤博さん(73)の姿があった。節さんが体調を崩した約1年前から、代わりにカウンターに立ってきた。

 カウンター5席と小上がりだけの店内。壁はたばこの煙で茶色く染まり、棚には手塚治虫の漫画と昭和歌謡のカセットが並ぶ。博さんは常連客が残した数十本のボトルを次々とカウンターに載せていく。この日、全ての酒を振る舞う。「残してても仕方ないからね」

 雑居ビルは、節さんが他の飲…

この記事は有料記事です。残り1691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント