タリバン、中村哲さんの功績たたえる 襲撃現場近くに広場が完成

有料記事

ニューデリー=石原孝
[PR]

 アフガニスタン東部ジャララバードで2019年12月に殺害された医師の中村哲さん(当時73)の功績をたたえようと、襲撃現場からほど近い道路周辺に「ナカムラ」と名付けた広場が完成した。11日に式典が開かれ、イスラム主義勢力タリバンの関係者や地元住民らがその死を悼んだ。

 タリバン暫定政権によると、広場の整備は地元の当局などが実施。事業費は約550万アフガニ(約900万円)で、道路の中央分離帯にある広場に中村さんの名前と写真付きの碑が新たにつくられた。

 元々は旧政権時代に持ち上がった計画だったが、昨年8月にタリバンが権力を握った後に停止。国際社会からの支援も減って財政難に陥る中で、「中村医師は旧タリバン政権時代も含めて数十年にわたり、この国のために農業や医療支援などをされてきた」として事業の再開が決まった。

 中村さんは1984年からパ…

この記事は有料記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント