焼け落ちた念願のタイ料理店 借金100万円、折れた心に響いた善意

有料記事

渡辺元史
[PR]

 2019年、マハーリット・パイシットさん(39)は「タイ料理を広めたい」と、奈良市に念願のタイ料理店「シャーングルン」を開いた。

 陽気な人柄と、スパイス香る本場の味が評判で、客足の絶えない人気店となった。

 だが今年1月、隣家の火事が燃え広がり、閉店を余儀なくされた。

 失意のマハーリットさんが再起するまでの道のりをたどった。

 火災があったのは今年1月19日午前9時ごろ。火元とみられる奈良市高畑町の民家が全焼し、南隣にあった店にも燃え広がった。

失意のマハーリットさんは、周囲のエールをなかなか受け入れられません。でも、ある言葉をもらい、気持ちが変わっていきました。記事後半で紹介します。

 火が消し止められた後、マハ…

この記事は有料記事です。残り2054文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント