カミングアウトデー「便乗ツイート」後に謝罪相次ぐ 企業、自衛隊…

有料記事

張春穎 前田智
[PR]

 11日はLGBTなどの性的マイノリティーであることのカミングアウトを支援し、祝福する「国際カミングアウトデー」だった。これに便乗する形で、企業や公的機関が製品情報などをツイッターで投稿し、批判を受けて謝罪するケースが相次いだ。

 花王は11日、自社のシャンプー「メリット」を宣伝するアカウントでこんな投稿をしていた。

 〈実は…#ノンシリコーン シャンプーなんですよ。#国際カミングアウトデーということで、みなさんが知らなそうなことをカミングアウトしてみました。。。〉

 これに対し、ツイッター上で…

この記事は有料記事です。残り894文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    奥山晶二郎
    (サムライトCCO=メディア)
    2022年10月13日11時10分 投稿
    【視点】

    何かを知ってもらいたい時、「何とかの日」に合わせて発信するというのはよくありますし、私も何度もやってきました。 その際、当然ながら、伝えたいこととの、つながりがなければいけないけません。 そこがわかりにくくなると、発信のために乗っかって