AIの仏さま、スマホに「悩み相談所」 経典で導く1千通りの答え

有料記事

北村有樹子
[PR]

 スマートフォンの画面上で、仏様が悩み相談に音声で答えてくれる。そんなユニークなソフトを、京都大などの研究チームが開発した。人工知能(AI)を備えた「ブッダ」が相手をしてくれるという。

 「ブッダ(仏様)に会って話しているような感覚を得られるようにした」。そう話すのは、京大「人と社会の未来研究院」の熊谷誠慈准教授(仏教学)。開発の中心人物だ。

 ブッダに会う方法は簡単。スマホのカメラで、その辺を写すだけだ。すると、スマホに、写した場所を背景に仏像の姿をしたAIブッダが浮かび上がり、相談に乗ってくれる。実際の風景に架空の画像などを重ね合わせて表示する「拡張現実」(AR)の技術を用いた。

記者の悩みにブッダは

 ソフトの名前は「テラ・プラットフォーム」。熊谷さんが9月に開いた記者発表会では、報道陣の幾つかの質問にAIブッダが答えてくれた。

 ――仕事がうまくいかないときはどうすればいいですか?

 「過去に怠けていたとしても…

この記事は有料記事です。残り970文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント