• アピタル

経済安保、「特定重要物資」案に11分野 抗菌薬、船舶、肥料も

有料記事

若井琢水 戸田政考
[PR]

 5月に成立した経済安全保障推進法に基づいて支援する「特定重要物資」について、自民党の経済安全保障推進本部は13日、半導体や抗菌薬など11分野を指定する案をまとめた。政府が月内にまとめる総合経済対策に盛り込み、費用を補正予算に計上したい考えだ。

 11分野は、半導体▽蓄電池▽永久磁石▽レアメタルなどの重要鉱物▽工作機械・産業用ロボット▽ネット上のクラウド技術▽航空機の部素材▽液化天然ガス(LNG)▽肥料原料▽抗菌薬▽船舶関連機器。具体的な品目は政令で指定される。年内にも閣議決定される見通しだ。

 特定重要物資を扱う事業者は、作成した計画が政府に認定されれば、工場の整備や材料の調達などで国の支援を受けられる。自民党は補正予算で基金をつくり、複数年にわたる支援を求める。

 特定重要物資のサプライチェ…

この記事は有料記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント