性的少数者とカミングアウト フィギュアの高橋成美さん「怖さある」

有料記事

野村周平
[PR]

 フィギュアスケートのペアで活躍し、2014年ソチ五輪に出場した高橋成美さん(30)が16日、性的マイノリティー(少数者)であることを告白した。LGBTQなどの性的少数者とスポーツに関する情報発信をしている「プライドハウス東京」のトークイベントで明かした。

 高橋さんは「自分はLGBTに分類されないQだと思う」と語った。Qは、L(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシュアル)T(トランスジェンダー)にあてはまらない性的指向・ジェンダーアイデンティティーをもつ「クィア」や、性的指向・ジェンダーアイデンティティーが定まっていない「クエスチョニング」を指す。

 ゲイを公表しているスペイン…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り603文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2022年10月17日3時27分 投稿
    【視点】

    「正直(告白することで)怖い部分はたくさんあります。でも誰かが発信しないと始まらない。それが自分なのかなって」。この発言にとても大きな希望をもらいました。日本社会はとても閉鎖的ですが、スポーツ界はもっとだと常々思っています。目立つことを言っ

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]