チャイニーズドラゴンなど「準暴力団」、規制対象外で取り締まり困難

有料記事

[PR]

 東京・池袋の高層ビル「サンシャイン60」で16日夕に発生した乱闘騒ぎには、準暴力団の「チャイニーズドラゴン」のメンバーが加わっていたとされる。「半グレ」とも称される集団で、山口組や住吉会、稲川会といった「指定暴力団」と違って暴力団対策法などの網にかからないため、取り締まりの難しさが以前から指摘されている。

 警察が「準暴力団」と位置づけてきたのは、東京都内では、中国残留邦人の子や孫らでつくるチャイニーズドラゴンのほか、いずれも暴走族の流れをくむとされる関東連合▽打越スペクター▽大田連合のOBグループ。暴力団のような明確な組織構造はないが、常習的に暴行事件など不法行為を行っており、暴力団に「準じた」組織というのがその定義だ。

 全国にはほかにも同様の組織があり、その中核には元暴力団構成員のほか、地下格闘技団体の元選手などがいるとされる。ただ、メンバー同士のつながりは流動的なため、「犯罪ごとに離合集散を繰り返し、数を切り取りづらい」として、警察庁はその規模などを明らかにしていない。

資金源は暴力団そのもの

 準暴力団の資金源は特殊詐欺

この記事は有料記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント