小倉将信・男女共同参画相 「LGBTの権利も発信できるG7に」

[PR]

小倉将信男女共同参画担当相(発言録)

 (G7の男女共同参画担当大臣会合に出席して)日本語では「男女共同参画担当大臣」だが、英語だと「ジェンダー平等担当大臣」。男性と女性という性別だけではなく、性的マイノリティー、いわゆるLGBTの方々もふくめたジェンダー平等と理解されている。G7会合の声明の中でも、女性や女の子とともに、さまざまな性的な指向を持つ方々の権利も守らなければいけないと明記されている。

 来年の(6月に栃木で開かれる)G7(会合)では、男女平等だけでなく、性的マイノリティーのみなさん方の権利も、我が国としてしっかり守っていくと発信できるG7にしていきたい。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント