アップル、新型iPadを26日発売 価格は従来機より4割高

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アップルは18日(日本時間19日)、タブレット端末「アイパッド(iPad)」と上位機種「アイパッド プロ(iPad Pro)」の新製品を発表した。アイパッドの日本での価格は税込み6万8800円で、従来機種から約4割高くなる。すでに予約受け付けを開始し、今月26日に発売する。

 アイパッドは画面サイズが10・9インチで、ホームボタンをなくした。アイパッドでは初めて、本体を横にした時にフロントカメラが中央に来るように配置。ビデオ通話の際などに正面を見たまま通話できるようになる。

 新型の「プロ」は、画面サイズが11インチのモデルが税込み12万4800円から、一回り大きい12・9インチが同17万2800円からとなる。自社製チップの最新版「M2」を搭載し、処理速度を向上させた。背面には、広角と超広角の二つのカメラを搭載。「アップル・ペンシル」では、画面から最大12ミリ離した位置でも字や絵などが書き込めるという。(サンフランシスコ=五十嵐大介

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2022年10月19日8時25分 投稿
    【視点】

    ■iPadは誰のものか Apple製品ドヤリング問題  10年前、ノマドというムーブメントがあった。時間、場所、所属にとらわれない働き方をする人で、Apple製品はこの人達に愛された。しかし、六本木のスタバで見かけた「大企業をやめた私が考