• アピタル

「最初の2カ月が分かれ道」 平畑光一院長が語るコロナ後遺症のいま

有料記事

聞き手・村山知博
[PR]

 新型コロナウイルスオミクロン株は軽症の人が多いとされる一方、感染者が多かったため、後遺症に苦しむ人も増えるのではと懸念されている。オミクロン株の後遺症にはどんな特徴があり、どう対処すればいいのか。患者に対応するヒラハタクリニック院長の平畑光一さんに聞いた。

 ――いま、後遺症外来はどんな状態ですか。

 当クリニックは、患者さんであふれかえっています。1日に100人の患者さんを診る日もあり、連日、未明まで仕事が続いています。これまでにも増して女性の割合が多く、10代も目立っています。北は北海道から南は沖縄まで、遠くから来院される患者さんもいます。

 ――症状の特徴は。

 倦怠(けんたい)感や頭痛、不眠などは従来とおおむね同じです。強いていえば、せきがやや多いことと、味覚・嗅覚(きゅうかく)の障害がかなり少ないことがオミクロンの後遺症の特徴でしょう。感染時の症状はこれまでより軽くても、後遺症については同じように患者さんを苦しめます。当クリニックでは、寝たきりの状態になる割合が、これまでよりも大きいです。

 ――「ブレーンフォグ(脳の霧)」というやっかいな症状もあると聞きます。

 倦怠感と並んで、後遺症の中…

この記事は有料記事です。残り832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント