Google検索やYouTubeの広告、細かくコントロール可能に

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米グーグルは20日、検索や動画投稿サイト「ユーチューブ」上で表示される広告を利用者が細かくコントロールできる機能「マイ・アド・センター」を提供すると発表した。見たくない広告を制限できるほか、広告に使われるデータを制限することができるという。

 新機能は、グーグルアカウントにログインした状態で使える。デジタル広告は、それぞれの利用者の閲覧履歴や好みなどのデータに基づいて表示されるが、そうしたカスタマイズ機能を完全に「オフ」にすることもできるという。アルコール、出会い系、減量、ギャンブル、妊娠など、利用者が見たくない分野の広告をより細かく制限できるほか、どのようなデータが広告に利用されているかも把握できるとしている。

 グーグルは年間40兆円近い売り上げの約8割をデジタル広告で稼ぐが、利用者の間でプライバシー保護への関心が強まり、対応を迫られてきた。同社は2020年、第三者が利用者のネット上の閲覧状況を追跡できる「サードパーティー・クッキー」を今年初めごろまでに廃止すると発表。だがその後、期限を24年後半に先送りしており、対応の難しさを示している。(サンフランシスコ=五十嵐大介

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年10月23日16時41分 投稿
    【視点】

    日本でもこの機能はすでに利用できるため早速使ってみました。Googleにサインインした状態で、検索後に表示された広告の右上にあるメニューボタンから「広告の表示について」→下部の「広告設定」→「広告のカスタマイズ」の順にアクセスすることで、「