モンベルの「ランドセル」、12月から全国で販売へ 1万4850円

有料記事

伊藤稔
[PR]

 アウトドア用品大手のモンベル(大阪市)が、富山県立山町の依頼で開発した通学用リュックについて、12月中旬から全国のモンベルストアで販売することがわかった。価格は1万4850円(税込み)で3色を検討しているという。

 通学用リュックは、来年度に同町で入学予定の新入生向けに開発されたもので、今月11日に同町での贈呈式で披露された。舟橋貴之町長が、近年、平均購入額が5万円を超えるランドセルの高額化への懸念から、包括連携協定を結んでいるモンベルに依頼し、実現した。

 製品名は「通学用バックパック『わんパック』」。高さ35センチ、幅25センチ、奥行き15センチで、A4サイズがそのまま収納できる。重さは約900グラムと皮革製ランドセルに比べ軽く、防水性にもすぐれ、6年間使える耐久性を備えているという。

 これまで培ってきた技術や高…

この記事は有料記事です。残り139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    朽木誠一郎
    (朝日新聞記者=医療、ネット)
    2022年10月25日23時55分 投稿
    【視点】

    近年、高額化し、人気モデルを手に入れるための「ラン活」という言葉まで生まれているランドセル。ランドセル工業会の調査では、2022年の平均購入額は5万6千円ということで、未就学児の親として、正直、首を傾げざるを得ません。子ども本位で考えれば、