「スピリチュアル」で日本再生? アナリストがみる市場発展の可能性

有料記事

聞き手・小村田義之
[PR]

 あなたは、スピリチュアルを信じますか?……怪しげな雰囲気も漂いますが、占いやお守りは広く親しまれ、最近は「パワースポット」も人気です。シンクタンク出身のスピリチュアル・アナリスト、有元裕美子さんが市場分析のプロの目線で語る、「スピリチュアル・ビジネス」の最新事情と可能性とは。

 ――「スピリチュアル・ビジネス」とは、どのようなものですか。

 「私は『現代科学では説明のできない超越的な作用による、精神的満足を訴求するビジネス』と捉えています。狭義には『スピリチュアリティーに働きかける治療・セラピーなど』であり、広義では『スピリチュアルな要素を取り入れたビジネス』と考えます」

 「ビジネスモデルとしてみると、占いや施術、鑑定、セミナー、物品販売などの『コンテンツ型』と、占いをおまけにつけたり、理論や内容を取り入れた特徴づけや話題づくりに利用したりする『コラボレーション型』に大別されます」

 ――市場の現状をどうみますか。

シンクタンク出身で、自身は「あまり占いを信じていない」という有元さんがマーケティング目線で分析する「スピリチュアル市場」の特徴や注意点、そして可能性とは。

 「スピリチュアル・ビジネス…

この記事は有料記事です。残り2584文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年10月27日7時24分 投稿
    【視点】

    日本民俗学の祖である柳田國男が昭和21年に上梓した『先祖の話』という本があります。この中で柳田は、宗教の形骸化と商業化、及びそうやって空疎化した宗教の中に、ナショナリズムが入り込むことを警告しています。 東京大空襲の直後に刊行されたこ