生理や性生活の悩み、フェムテックが受け皿に 「若い頃にあれば…」

有料記事

今泉奏
[PR]

 女性の心と体の悩みをITで解決する「フェムテック」をテーマとした初の大規模展示会が、東京ビッグサイトで22日まで開かれている。生理や妊活、性生活に新風を吹き込む商品やサービスを紹介している。

 約200社が出展する会場入り口にブースを構えたのは、吸水ショーツを手がける「Be―A(ベア) Japan(ジャパン)」(東京都渋谷区)。開発中の経血の量を測定できるショーツを展示している。

 特殊な繊維で水分を検知し、ショーツに取り付けた無線機器でデータを送り、利用者はスマホのアプリで量を知ることができる。これまで目で見るしかなかったが、数値化することで細かな体調の変化にも気づけるようになるという。

 同社は業界の先駆けで、「フェムテック」とうたう商品が少なかった2020年にクラウドファンディングで1億円超を集め、吸水力に優れたショーツをつくった。約10万枚を売り上げているという。

 高橋くみ社長は「医学界でも経血量の正確なデータはなく、この商品が女性の体を知る重要なきっかけになる」と語る。

「フェムテックは戦国時代

 需要が広がるショーツは、競…

この記事は有料記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント