• アピタル

日本代表GKが打ち明ける「うつ」 街でジェラート食べ気づいたこと

有料記事森保ジャパン

聞き手・照屋健
[PR]

 サッカー日本代表のGK権田修一(33)はかつて心の病を患った。

 働き盛りで自分を追い込んでいたら、パタッと体が動かなくなった。

 「もう限界です」

 ピッチから一度離れ、現役引退も考えた。焼き肉屋で働く相談までしていた。

 あれから7年。11月にあるワールドカップ(W杯)で2大会ぶりのメンバー入りが決まり、過去にない復活となった。

 心の負担と、どう折り合いをつけたのか。周囲に望む振る舞いとは。自身の経験を聞いた。

「自分の心はなんてちっぽけなんだ…」

 ――2015年の夏。26歳のときに、過度な負荷で疲労がとれないオーバートレーニング症候群であることを公表しました。

 「オーバートレーニング症候群にはいろいろな症状がありますが、誤解を恐れずにいえば、うつ病みたいなものでした。僕の場合、心療内科を受診しました。病院に行ったときに、ああ自分は病気なんだ、と。アスリートって、世間から見たら強いイメージがあるかもしれませんが、心は特別ではありません」

 ――公表するのに、ちゅうちょはなかったのでしょうか。

 「翌日から日本代表の活動があり、辞退するのに理由を公表しなければいけませんでした。ただ、できることなら、そっとしておいてもらいたかった、というのが本音です」

 ――12年ロンドン五輪では正GKとして4強入り。14年W杯ブラジル大会でもメンバーにも選ばれ、脂ののった時期でした。

 「一番難しかったのは、心のなかの状態は、見た目では誰もわからない、ということです。公表する前日もJリーグの公式戦でプレーをしていましたし、骨折みたいに誰もが分かる外傷とも違う」

 「日本代表でなかなかチャンスがもらえなくて、所属していたFC東京でもっと成長しなくては、と焦っていました。監督が考えた練習も、こんなんじゃ自分のプラスにならない、と思い込んでいた。自分は走るのが嫌いなのに、無理してめちゃくちゃ走り込んでいました。思い返すと、何をするのも楽しくありませんでした」

 ――15年6月のW杯ロシア大会のアジア2次予選では招集されたGK4人のなかで、ただ一人ベンチ外となったことも大きかったそうですね。

 「一気にズドンと落とされた感覚でした。すぐにジムのトレーナーさんに『朝一でトレーニングをお願いします』と電話をしました。余裕もなくて、体はきついのに、練習量をさらに上げていました」

 「体がどんどん重くなり、集中力もパフォーマンスも落ちていきました。クラブのスタッフに『もう限界です』と伝えました」

ファンのSNSは「はたから見れば…」

 「自分が一番つらかったのは、復帰できそうになったときです」

 「練習場に顔を出すと、復帰…

この記事は有料記事です。残り2212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年10月30日16時18分 投稿
    【視点】

    まず権田選手の勇気ある告白に敬意を表したいと思います。近年になって心の病を打ち明ける人が増えたとはいえ、そう簡単にできることではありません。ましてやアスリートです。強靭な心身を持っているはずだという世間の目を気にし、踏み切るまでには時間がか

  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2022年10月28日15時28分 投稿
    【視点】

    これは、多くの人の心が少し軽くなるような本当に貴重なインタビューだと思うしとても共感する。スポーツ選手に限らず、強いと思われていた人が、折れてしまうことは意外と多い。 僕自身も霞が関時代にオーバーワークで心身の健康を害して休職したこと

サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]