カンボジアの夜、足元照らすライト 友人が縁石につまずきひらめいた

有料記事

紙谷あかり
[PR]

 カンボジアの夜を、徳島発のソーラーLEDライトが足元から照らす。

 コンクリート製品の製造販売をする冨士建設工業(徳島市)が2012年に開発した「ピカロット」。太陽光で8時間蓄電すると13時間光る。縁石など既設のブロックを円筒状にくりぬき、モルタルで固めるだけで容易に設置でき、メンテナンスも少なく済む。

 一昨年、JICAの「普及・実証・ビジネス化事業」に採択され、来年から2年間で3100基を設置する予定だ。カンボジアの人たちが自ら設置できるよう指導もする。

 開発したのは小林佳司社長(…

この記事は有料記事です。残り1311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント