出産一時金5万円増の47万円へ来年度から 自民・茂木幹事長が表明

自民岸田政権

上地一姫
[PR]

 出産育児一時金について自民党茂木敏充幹事長は24日、現行の42万円を来年度から47万円に引き上げると明らかにした。出産費用は年々上昇し、一時金がその水準を下回る状況となっていた。差額分が経済的な負担となっていたため、政府は来年度に大幅に増額する方針を示していた。

 この日、東京都内の講演で明らかにした。茂木氏は47万円に引き上げる考えを示し「妊娠から出産、子育てまで切れ目のない支援策をとっていく」と表明した。2021年に生まれた日本人の子ども(出生数)が約81万人だったことを挙げ、「コロナの次に日本が直面する大きな壁は少子化だ。それに対する準備を今から始めなければいけない」と述べた。

 一時金については、自民党の議員連盟が40万円台半ばに増やす提言書を岸田文雄首相に提出していた。首相も「順次引き上げられたが、さらに努力をしなければいけない」としていた。

 政府は一部財源について、75歳以上の高齢者にも負担してもらう方向で検討している。これまでは原則、加入する国民健康保険や企業の健康保険組合などが支払い、75歳以上の高齢者の負担はなかったが、少子化が加速する中、幅広い世代で負担し合う仕組みへと転換を図る狙いがある。(上地一姫)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント