初のアジア系首相生んだ英国 スナク氏が映した多様性、残る差別

有料記事

ロンドン=杉山正 ニューデリー=石原孝
[PR]

 英国でインド系のリシ・スナク元財務相が非白人として初の首相に就任した。英社会の人種的な多様性を象徴しているが、根深い問題も残る。

 「私の宗教と文化的な背景はインドにある」。スナク氏は度々、「ヒンドゥーの誇り」を強調してきた。

 英国の植民地だったインドをルーツに持つ英国民は140万人以上で、人種としては英国系白人に次ぐ規模だ。政府統計によると、教育水準が高く、平均成績は英国系白人よりも小中高のあらゆる段階で上回る。弁護士や技術者などの専門職につく割合は人種別で最も高く、政財界での影響力も大きい。

 英下院で非白人の議員が占め…

この記事は有料記事です。残り990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント