タマネギチップスに淡路島の名物バーガー味が登場 道の駅などで販売

森直由
[PR]

 兵庫県南あわじ市で「道の駅うずしお」などを運営する会社「うずのくに南あわじ」は、淡路島名産のタマネギを揚げた菓子「オニオンチップス」に、「あわじ島オニオンビーフバーガー風味」(税込み450円)を新たに加えた。今月から道の駅などで販売し、売り上げは好調だという。

 オニオンチップスは同社が2010年から販売している。タマネギを特別な製法で揚げることで、水分が多いタマネギでも元の形を崩さず、サクッとした食感や自然の甘みが楽しめる。島の塩をかけたうす塩味などがあった。

 オニオンビーフバーガー(同770円)は道の駅うずしおの一番人気の商品という。11年から販売を始め、これまでに累計120万個以上を売り上げ、全国のご当地バーガーのイベントで優勝した。厚さ約8ミリのタマネギのカツ、甘辛く炊いた淡路牛の上からトマトソースをかけている。

 この看板商品をチップスにしようと、酸味があるトマト味、牛肉味のパウダーなどをチップスに振りかけ、バーガーの味や香りを再現したという。

 道の駅の担当者は「想定以上の売り上げに驚いている。淡路島旅行の思い出の味として楽しんでほしい。バーガーを多くの人に知ってもらうきっかけにもできたら」と話している。(森直由)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント