光の街、秋の闇夜をオレンジや赤で彩る 日本一の「電照菊」

長島一浩
[PR]

 全国で菊の出荷量が一番多い愛知県田原市で、電照菊の栽培が最盛期を迎えている。オレンジや白、赤など温室の明かりが、秋の夜を彩っている。

 電照菊は9月から11月にかけ、夜間に光を当てる栽培方法。開花を遅らせ、出荷時期を、需要が高まる年末年始に合わせる。

 県農業水産局によると田原市の2020年の菊の出荷量は3億1772万本で県内の9割近く。愛知県の出荷量は都道府県別のトップで、国内の3分の1を占めている。長島一浩

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント