餃子の王将社長射殺、工藤会系組員をきょう逮捕へ 現在は服役中

有料記事

[PR]

 「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72)が2013年12月、京都市山科区の本社前で射殺された事件で、京都府警は特定危険指定暴力団工藤会系組幹部の男(56)を28日に殺人容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 事件は13年12月19日午前5時45分ごろに発生。大東さんは1人で車を運転して出勤した直後、本社前の駐車場で腹や胸を自動式拳銃で4発撃たれて死亡した。現場付近に落ちていた複数のたばこの吸い殻のDNA型鑑定をしたところ、1本が男のものと一致した。

 捜査関係者によると、男は事件当時、福岡県を拠点にしていた。その後、福岡市で08年に大手建設会社の社員らが乗った車が銃撃された事件をめぐって銃刀法違反と器物損壊の罪に問われ、19年に福岡地裁で懲役10年を言い渡されて確定。現在は受刑している。

過去の銃撃事件、王将事件と似た手口

 地裁判決などによると、男は…

この記事は有料記事です。残り418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント