常軌を逸した規模の総合経済対策 たがを外した黒田日銀の金融緩和

有料記事

編集委員・原真人
[PR]

 財源の根拠なき減税を打ち出したことで金融市場と世論からの信頼を失い、就任わずか1カ月余りで退場を余儀なくされた英トラス政権。それと対照的に岸田政権はなぜ、財源の裏付けなどまったくおかまいなしに補正予算29兆円超(当初予算規模の3割近く)という常軌を逸した規模の総合経済対策が打てるのか。

 それを可能にしてきたのが、日本銀行による大規模な金融緩和、いわゆる「異次元緩和」である。

 日銀は28日の金融政策決定会合(年間8回開催、メンバーは総裁以下9人)でこの大規模緩和を当分続けることを決めた。

 10年物の長期金利をゼロ%…

この記事は有料記事です。残り2080文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント