「人生の最後にこんな目に」 老朽団地建て替え、行き場ない高齢姉妹

有料記事東京インサイド

山本孝興
[PR]

 建て替えが決まった東京都国立市の団地で、望まぬ転居を迫られ、途方に暮れる人たちがいる。増える老朽化マンションや団地の対策として国は近年、再生の要件を緩和し、建て替えを促すための政策にかじを切った。その陰で、行き場を失う人への対応が課題として浮上している。

 「人生の最後にこんな目に遭うなんて夢にも思わなかった」。3階の窓から桜の木に目をやりながら、女性(78)がつぶやいた。

 東京都のほぼ真ん中にある国立市。JR国立駅を南下し、春にはソメイヨシノが満開となるさくら通り沿いに、分譲の国立富士見台団地はある。

 1967年の市制施行の2年前に完成した淡いピンク色の団地内には、背の高い木々が立ち並ぶ。団地の完成後、周囲に田畑以外は何もなかった土地に苗木から植えられた。「家さえあれば何とかなるからと、道も舗装されていなかったここを父が新築で買って」

 21歳で入居して以来、2歳下の妹と暮らしてきた。約70平方メートルの3LDKで57年過ごしている。父の死後に譲り受け、妹と、入院中の母(96)との3人で共同所有し、1部屋ずつ分け合う。当時は珍しかった洋式の水洗トイレや風呂。ダイニングの黒電話も現役だ。

 国立富士見台団地ができた60年代は、高度経済成長で都市人口が拡大し、日本住宅公団が郊外に公営住宅を次々に建設した。同団地もその一つだ。南側の賃貸の団地群をあわせ、65年の完成後に8千人規模の入居があり、前身の国立町の人口は一気に5万人を突破。市の誕生にもつながった。

 完成から57年で建物は老朽化した。5階建てでエレベーターはなく、住民の多くが70歳以上だ。バリアフリー化は急務だが、外階段にエレベーターを設置するには高額な費用がかかる。

 建て替えの議論が始まり、2017年の建て替え推進決議は7割以上が賛成した。今年4月の建て替え決議では、279人いる区分所有者のうち、法律上必要な5分の4以上の233人が賛成した。

 この決議に、女性と妹は反対した。「年金暮らしで、とてもそんなお金は払えないんです」

 業者からの見積もりで、建て替え後に同じ条件や広さの部屋に移る場合、取得費用だけで約958万円の追加費用が要るという。入居までの仮住まいの費用も約340万円必要になる。

評価額は2892万円 新たな物件購入は難しく

 出て行く場合の自宅の評価額…

この記事は有料記事です。残り1468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    吉川ばんび
    (作家・コラムニスト)
    2022年11月4日14時1分 投稿
    【視点】

    ここでも自己責任論が蔓延っている、と感じます。国が建て替え要件を緩和するのであれば、その費用が払えずにマンションや団地を追い出されてしまう人への直接の支援は必ず必要であるはず。特に記事で紹介されているような高齢の家庭では、病気や怪我の治療も

  • commentatorHeader
    清川卓史
    (朝日新聞編集委員=社会保障、貧困など)
    2022年11月4日16時8分 投稿
    【視点】

     マンション・団地の建物と人の「二つの高齢化」は、これから避けて通れない社会的な課題なのだと改めて感じました。  国土交通省の調査(18年度)によると、1980年代までに完成した高経年マンションでいえば、世帯主の4分の3以上が60代以上と

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]