タイトルは「かぞくです」 同性婚したダンサーが絵本で伝えたいこと

有料記事

[PR]

 世界に飛び出して活動を続けてきたダンサーが、一冊の絵本をこの秋、完成させた。タイトルは「かぞくです」。伝えたかった思いとは。

「家族」って、誰が決めるの?

 「温かい気持ちになれる絵本です」「早く、子どもに読み聞かせしたい」

 出版のためのクラウドファンディング(CF)に寄付してくれた人からは、実際に絵本が届き始めた10月以降、こんな感想が次々と寄せられている。

 絵本には、実在の家族をモデルにした6家族が登場する。

 ひとり親家庭や、子育てしている障害がある親。そして、同性カップル……。それぞれの家族を、にじいろの鳥たちが訪ねていくというストーリーだ。「いろもいろいろ かぞくもいろいろ」。こんな言葉で締めくくっている。

自分たちの「家族」、見てもらえない悲しさ

 2016年にカナダ人の同性パートナーと結婚した。19年には双子の「ママ」に。同性同士の法律婚が認められているカナダでは、どちらかが入院したときに付き添うことができ、双方が子どもの保護者として認められるなど、家族として地位を保障される安心感があるという。

 双子の子どもたちにとっては、鈴木さんが「ママ」で、パートナーは「マミー」。「ふたりママ」として営む毎日が、鈴木さんたちが築き上げてきた家族のかたちだ。

 しかし、このかたちが、いつでもどこでも認められるわけではないことを、何度も痛感してきた。

 日本が大好きなパートナーと…

この記事は有料記事です。残り1924文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]