• アピタル

発達障害の我が子、公園はあえて……親の孤立防ぐペアレントメンター

有料記事

阪田隼人
[PR]

 その日の待ち時間は、とりわけ長かった。

 1歳半健診で、待合室を走り回り、勝手に個室に入っていく長男。最初はいつものように追いかけて抑えていた。

 でも、この日は気力が続かなかった。「この子の母親は誰?」と、刺さるような視線を感じつつ、部屋の隅でじっと耐えていた。

 思えば、生まれてまもない頃から、育てにくかった。明け方まで、30分おきに続く夜泣き。手をつなぐことを拒み、外で服をつかんでいないと1人でどこまでも行ってしまう。偏食がひどく、カフェではき出した時には思わず手をあげてしまった。

 子育てスキルをもっと高めないと。そんな思いがいつも頭を駆け巡る。

 ようやく健診の順番が回ってくると、担当の先生に指摘された。「この子はお母さんと認識していないようです」。紹介されたのが、発達障害児の子育て支援機関だった。

 そこに通ううちに、わかり合…

この記事は有料記事です。残り1742文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント