霊感商法の救済法、与党案「すぐ出せない」 でも野党案を質問攻めに

有料記事自民立憲維新

上地一姫 笹川翔平 神沢和敬
[PR]

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受け、霊感商法や高額献金などの今後の被害防止と救済に向けた与野党協議は4日、自民と公明両党が、立憲民主党日本維新の会が国会に提出した「救済法案」に54の質問を示した。

 与党側は、野党の救済法案をそのまま法制化するのは難しいとの立場。54の質問で、ほかの法律や憲法との整合性を問うことで野党案の問題点を明らかにし、野党側の譲歩を引き出すねらいがあるとみられる。

ここから続き

 54の質問は、野党案のポイ…

この記事は有料記事です。残り1098文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]