米有名コメディアンのツイッター凍結 マスク氏へのなりすまし理由に

有料記事

藤原学思
[PR]

 米国の有名コメディアンの公式ツイッターアカウントが6日午後、凍結された。ツイッター社を買収したイーロン・マスク氏になりすましたという理由だ。マスク氏は買収直後、「コメディーは合法」と宣言していたのだが……。

 凍結されたのは、2007年にエミー賞を獲得したキャシー・グリフィン氏(62)。17年には、当時のトランプ大統領に似た血まみれの人形の首を持つ画像をツイッターに投稿した。これにより、CNNの大みそかの番組を降板させられるなど物議をかもした。

 200万人以上のフォロワーがいたグリフィン氏のアカウント(@kathygriffin)は凍結前、自由に変更可能な名前欄が「イーロン・マスク」で、写真もマスク氏のものになっていた。また、投稿内容は、中間選挙において民主党候補への投票を呼びかけるものなどだった。

 凍結直前には「文句を言うヤツらや活動家たちよ。本当のアクティビズム(積極的行動主義)が見たいか? これを見よ」と投稿。民主党への投票を呼びかけるハッシュタグをつけて、拡散するよう求めた。

 マスク氏はツイッター社買収…

この記事は有料記事です。残り385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント