木村防衛政務官、旧統一教会側から有権者名簿受け取る 昨秋の衆院選

有料記事自民

[PR]

 自民党の木村次郎・防衛政務官(衆院青森3区)は8日、昨年10月の衆院選で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側から有権者名簿を受け取ったと明らかにした。名簿をもとに支持を呼びかける電話をかけた可能性もあるという。参院外交防衛委員会で、立憲民主党の小西洋之氏の質問に答えた。

 木村氏によると、昨年10月の衆院選に際し、自身の支持者を介して教団側から名簿提供の申し出があり、木村氏と秘書が同月18日に地元の教団施設を訪れ、名簿を受け取った。名簿は衆院選後に破棄した可能性が高く、事務所にも記録が残っていないが、「名簿には旧統一教会関係者が含まれていたと思われる。他の名簿と同様に、当該名簿を用いて電話かけなどを行った可能性も否定できない」という。木村氏の記憶や事務所での再点検の結果として説明した。

 木村氏は「旧統一教会の現状…

この記事は有料記事です。残り71文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]