なぜカリスマ経営者の言葉は無敵なのか 最近の自己啓発本との違いは

有料記事

聞き手・田中聡子
[PR]

 松下幸之助本田宗一郎稲盛和夫――。「カリスマ経営者」とされる人たちの言葉が、長く読まれ続けています。時代も、置かれている環境も異なる人たちの言葉が、なぜ響くのか。自己啓発書を研究対象とする、社会学者の牧野智和さんに話を聞きました。

一度は底を打ったように見えたが

 ――「カリスマ経営者」の人生訓や生き様などが流通するようになったのは、いつごろからなのでしょうか。

 「『カリスマの言葉』がありがたがられるのは、長く続いていることです。日本における自己啓発書の草分けと言える明治初期の『西国立志編』でも、ニュートンやナポレオン、ワシントンなどの歴史上の『格言』やエピソードが紹介されています。実業家と言われる人の格言も、近代以降、ずっと読まれてきたはずです」

記事後半では、「自己啓発は自己責任化を招くのではないか」という問いにも牧野智和さんが答えています。

 「しかし、今日読まれている…

この記事は有料記事です。残り2493文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント