旧統一教会問題 岸田首相がきょう、「救済新法」の法案提出を表明へ

有料記事岸田政権

[PR]

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題をめぐり、岸田文雄首相は8日午後、悪質な寄付要求行為などを禁止する新法を今国会に提出する方針を表明する。政権幹部が明らかにした。表明に先立って、公明党山口那津男代表と会談し、方針を確認する見通しだ。

 政府・与党内では、今国会では不当契約の取り消し権の要件を緩和する消費者契約法改正案の成立を先行させ、新法の対応は来年の通常国会に先送りすべきだとする声が有力だった。だが世論の高まりなどを受けて、今国会での提出・成立に向けてかじを切った。

 複数の政府・与党幹部による…

この記事は有料記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]