データサイエンス、文系学部も4分の1が必修化 課題は教員の確保

有料記事

編集委員・増谷文生
[PR]

 ビッグデータをAI(人工知能)などで分析し、社会課題の解決に生かすデータサイエンス(DS)。こうした分野を学ぶ「数理・DS・AI教育」科目を全学生に必修化している大学が、4分の1にのぼることが、朝日新聞と河合塾の共同調査でわかった。文系学部でも4分の1に達した。今後の実施を検討する大学も多いが、課題も見えてきた。(編集委員・増谷文生

 共同調査は6~8月に行い、「数理・DS・AI教育」科目の実施・検討状況を、教学担当者や情報教育担当者に尋ねた。こうした科目の全学生への必修化を「すでに実施」していると答えた大学は、回答した646大学のうち26%あった。「実施を決定」(7%)、「実施を検討中」(27%)と合わせると、全体の6割にのぼる。

 学部ごとの対応も尋ねた。回…

この記事は有料記事です。残り2425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント