受験生の負担が増え続けていないか 共通テスト、東大院教授の疑問

有料記事

山本知佳
[PR]

 現在の高校1年生が受けることになる、2025年1月実施の大学入学共通テストの試作問題が9日、公表された。新学習指導要領を反映し、受験科目も変わる。試作問題をどう捉えたか、受験に詳しい東京大大学院の中村高康教授(教育社会学)に聞いた。

 問題を見た印象としては、新学習指導要領で重視している「主体的・対話的で深い学び」を意識した問題になっている。全体的に、探究活動の授業に即して、学習場面を想定したりデータを読ませたりする問題が多い。

 科目によってはこういった問…

この記事は有料記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    内田良
    (名古屋大学大学院教授=教育社会学)
    2022年11月9日22時52分 投稿
    【視点】

    子供が学ぶべきことは、無限にあるでしょう。ところが、子供の時間は有限です。もちろん、体力も、精神力にも限りがあります。 それは教員にも当てはまります。教育すべきことは、無限にあるでしょう。でも、教員の時間も人数も有限です。 私たち大学教