上場企業の中間決算、円安で過去最高の見通し 利益減らす企業も

有料記事

山本恭介
[PR]

 上場企業の2022年9月中間決算がピーク期を迎えている。円安を追い風に好決算が相次ぎ、コロナ禍からの回復で運輸など黒字転換する企業も目立つ。最終的なもうけを示す純利益は前年同期を約1割上回り、中間期として過去最高になる見通しだ。ただ、円安で仕入れコストが重くなり、利益を減らす企業も出始めている。

 今春の株式市場の区分け変更前の東証1部に上場していた企業1318社(金融を除く)のうち、8日までに中間決算を発表した779社(全体の59・1%)の業績をSMBC日興証券がまとめた。売上高は合計で189・2兆円で、前年同期と比べて18・3%増えた。本業のもうけを示す営業利益は13・9兆円で1・0%減、最終的なもうけの純利益は15・4兆円で14・2%増だった。

 今回、円安の恩恵を受ける企業が目立ったのは、非製造業だ。新型コロナの影響で巣ごもり需要が拡大したことなどで運賃が高止まりしている海運は、円建ての利益が膨らんだ。商社も資源・エネルギー高に円安が加わり、過去最高益を更新する企業が続出した。

 これまで新型コロナの打撃が…

この記事は有料記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント