• アピタル

第8波の兆し、全都道府県で感染1.4倍 BQ.1への置き換わりも

枝松佑樹 市野塊 辻外記子
[PR]

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織(アドバイザリーボード)は9日、直近1週間の新規感染者数が全都道府県で増加して前週比1・4倍となり、「第8波」の兆しがあると分析した。流行株はオミクロン株の派生系統「BQ.1」に置き換わる可能性も示した。

 加藤勝信厚労相は会合で、病床使用率の上昇、重症者数の増加などの傾向に触れ、「いわゆる第8波につながる可能性もある」と述べた。

 全国の新規感染者数は、直近1週間で1日平均6万3343人。今夏の「第7波」ピーク時の22万人超から10月中旬には約2万5千人に減っていたが、9月下旬並みの水準に戻った。ただ、増加ペースは「第7波」ほど急激ではない。

 感染状況は地域差が大きく、前週比でみると徳島県が1・69倍、宮城県が1・66倍、福井県が1・60倍など。東京都は1・51倍、大阪府は1・24倍だった。北海道の新規感染者数は8~9日に2日連続で過去最多を記録した。

 内閣官房によると、8日時点の病床使用率は長野県48%、群馬県47%、茨城県44%、北海道40%など、6道県で40%に達した。重症病床使用率は低い水準にとどまっている。

 影響も出始めた。総務省によると、救急患者の搬送先がすぐ決まらない「救急搬送困難事案」のうち、コロナ感染が疑われる事案は6日までの1週間に全国で823件あり、前週から48%増えた。

 また、国立感染症研究所不確実性が高いとしつつ、現在は「BA.5」が主流だが、12月第1週にはBQ.1(BQ.1.1も含む)が79%を占めると推定した。BQ.1はBA.5から派生し、ワクチンや感染で得た免疫の一部が効きにくいとみられ、欧州や米国を中心に広がっている。

 一方、専門家組織は、同時流行が懸念されている季節性インフルエンザは、まだ大規模な流行はみられないと分析した。

 松野博一官房長官は9日の記者会見で、流行する変異株がオミクロン株と同程度の感染力や病原性であれば、「新たな行動制限は行わない」との政府方針を示した。全国旅行支援については「都道府県が継続の可否を判断するが、政府としても適切に判断していきたい」とした。(枝松佑樹 市野塊 辻外記子

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント