商店街の祭り立ち上げた先輩急死 後輩「続けたい」と遺志継ぎ開催へ

有料記事

小陳勇一
[PR]

 福岡県久留米市の商店街で11年前、若い経営者が呼びかけて始まった祭りがある。

 ただ、実行委員長を務めてきた男性は昨年8月、急死。働き盛りだった。秋に開催していた祭りは、新型コロナウイルスの影響を受けた一昨年に続き、2年続けて中止になった。

 今年はどうするのか――。

 引き継いだのは、男性を慕っていた老舗の若い4代目だった。

 JR久留米駅前から東に延びる「問屋街」。かつては繊維問屋が軒を連ね、通りには人があふれたという。

 今は古い商店や飲食店も残るが、マンションや住宅、駐車場が目立ち、昔の面影はない。

 祭りの中心だった西原健太さんが社長を務めた「西原糸店」は、その通りにある。

古い商店街に現れた若者 目指した活性化

 1917(大正6)年創業。もとはタオルや軍手、エプロン、小物などを小売店に卸す問屋だったが、今は久留米絣(かすり)の小売りが中心だ。

 業態転換のきっかけは、2002年に亡くなった2代目の決断だった。亡くなる前、「次は三男の妻と、その長男に任せる」と言い残していた。

 「三男の妻」とは、健太さんの母、西原佳江さん(69)。

 「その長男」が健太さんだった。

 佳江さんは、2代目の決断について「問屋を続けてきた自分の子どもたちでは、変化できないと考えたんでしょう」と話す。

 それまで、経営について話し合う家族会議に「司会役」として参加していた佳江さんは、店にはほとんど顔を出していなかった。

 健太さんは当時、久留米大学商学部の4年生。京都に本社がある呉服店への就職が決まっていた。

 配属された山口県下松市の店で、久留米絣に出合う。

 「久留米弁丸出しの健太は、営業の外回りでお客さんに会う度に『久留米と言えば久留米絣よね』と言われ、久留米絣はすごいと思ったようです」。佳江さんは振り返る。

 健太さんは04年11月に戻り、親子でそれまでの問屋を徐々に変えていった。今につながる久留米絣の店だ。

 健太さんは、もっと大きなことも考えていた。「この通りや、久留米の商店街全体を活性化させることが店の繁栄にもつながる」といつも口にしていた。

「この通りは変わらない」が徐々に

 九州新幹線の全線開通を翌年に控えた10年、健太さんは「活性化のために何かしたい」と久留米商工会議所に相談した。

 「協力してくれる商店主を3人連れてきたら知恵を貸そう」

 そう言われたという…

この記事は有料記事です。残り1566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント